paypayが一般的になるまでまだ時間が掛かりそうかな?

 

 

 

まあ私は2018年12月のpaypay100億円あげちゃうキャンペーンには便乗していませんけどね。

 

 

友人に勧められましたが、特に欲しい物も無かったのでpaypayには登録していません。

 

 

また、私が住んでいる地域でpaypayが使える店も少なかったと言うのもあります。

 

 

 

都市部に出れば、ビックカメラがあるのですがそこまでして・・・と思ったわけです。

 

 

Mac💻ぐらいは欲しいかな〜とも思いましたがね。

 

 

でも、世の中的には転売目的でpaypayを利用したユーザーも多かったのでは?

 

 

 

2割引で買って、元値の1割引きで売れば多少儲かるし。

 

 

10割還元が当たった人だと大儲けですよね。

 

 

 

でも現金で返ってくるわけでもないし、ポイントだからな〜。

 

 

 

転売ヤーは面倒臭いですね。

 

 

 

 

更に不正と見なされた場合は、ポイント還元が取り消されるみたいで。

 

 

ニュースになっていましたね。

 

 

本当に一部のユーザーだけだとは思いますが。

 

 

paypayの規約なんて読んでいる人なんてほとんどいないだろうし。

 

 

 

 

 

結局、今 paypayが一般化したか?と言われれば、「う〜ん」って感じですよね。

 

 

みんなもう使っていない訳で・・・。

 

 

 

日本だと、プリペイドカード的なもののほうが一般化するような気がします。

 

 

バーコードでの支払いは便利なのですが、なんとなく使いにくい気がして。

 

 

だって、結局スマホのカメラをバーコードにかざさないといけないんですからね。

 

 

 

それに比べてプリペイドカード的な物って、対応している機械にかざすだけ。

 

 

日本だと、結構 普及していますもんね。

 

 

 

 

 

更に、日本の場合 現金しか受け付けないというお店も多いですからね。

 

個人店なんて脱税するために電子決済を導入しない人だらけですか〜。

 

田舎なんて、クレジットカードで支払いできるお店のほうが少ないですよ。(個人経営のお店。大手はクレジットカードOKです。)

 

 

クレジットカードは手数料が高いから、導入したくないという経営者もいますけどね。

 

 

 

そんなこんなで、paypayやLINEpayなどが普及するのにはまだ時間がかかると感じております。

 

 

特に田舎では遅いはず。

 

 

東京で流行ってから、3年後辺りかな〜。