昔の友達は、今の友達とは言えない。〜地元の友達と食事をした感想。それは、「DQNばかりだ・・・。」

 

地元に帰って、昔の友人と食事をすることに。

 

 

お酒も入り、皆 いい感じ。

 

 

でもやっぱり地元を離れたことが無い人達って違うな〜と感じたんです。

 

 

いわゆる「マイルドヤンキー」ってやつですね。

 

 

 

 

 

本当に狭い世界でしか生きたことが無いんだな〜って感じました。

 

 

 

つくづく・・・。

 

 

職業は、土建業、内装業。

 

 

 

う〜ん。

 

まあ、そうなるわな〜って感じで。

 

 

 

 

 

 

 

で、思ったんです。

 

 

「今なら、絶対に友達にはなれないな〜」と。

 

 

 

 

理由としては、

 

 

・皆 喫煙をする

 

・ガテン系サラリーマンなので、会社の悪口を言う。それがカッコいいと思っている

 

・妻の悪口を言う

 

・昭和初期の考えを持った男達

 

・お金のことと言えば、「住宅ローン」「車」「育児費」

 

・無理して35年ローンを組んで、持ち家を持つことがステータスだと本気で思っている

 

・車は、10年落ちの高級車。または、古い軽自動車

 

・ITリテラシーは皆無

 

・名の知れている企業で働いていることが、ステータス

 

・高校のOB会が盛ん

 

 

 

まあ〜色々ありますよ。

 

 

もちろん私自身の意見や感想は絶対に言いませんよ。

 

 

分かるはずもないし、喧嘩になるので。

 

 

それにしても、付き合う相手はちゃんと選ばなきゃな〜って本気で思いました。

 

 

学生時代って本当に危ういなー。

 

 

人生は、学生時代の友人によって決まることって結構多いような気がします。