サービス業で成功するには、高級化。

そしてかゆい所に手が届くサービスを提供。

サービスを提供する代わりにちゃんと料金は上乗せする。

利便性を上げる事が大事になってくる。

 

 

料金だけで勝負していたら消耗戦になってしまう。

 

まとめショップってありかもね。

 

まとめチャンネルもありだけど。

 

ハマった人は、まとめて欲しいからさ~。

 

イオンが流行る理由はまさにまとめショップだから。

 

 

 

 

ブログの文章は、読者と会話をしている様に書く。

 

 

ブランド価値を高める事が出来るか!?

 

 

 

100万円を1年間で200万円に増やす事ができる商売なら始めてもいいよ。

 

1億円を1年間で2億円にする事ができる商売なら始めてもいいよ。

 

借金をしてでも始める価値があるからねー。

 

だって1年で全部完済できちゃうんですから。そんな商売を考えようよう。

 

資本金が1年間で2倍になるビジネス、商売を。

 

 

 

 

アフィリエイトでは、とにかく売れやすい物を売る。

出来ればライバルが少ないジャンル、キーワード。

自分が紹介している商品の公式ホームページを作っているようなイメージで紹介する。

 

リアル店舗でも売りやすい物と売りにくい物がある。

それを考えて商売をやろう。

 

専門店は、手間、経費、を抑える事が出来るので当たれば儲かるよ。

 

 

売りやすい物を売る。あえて売りにくい物を売る必要は無い。

ネットでも、売れやすい物と売れにくい物がある。

 

 

1か月に1万円の売上を上げるサイトを100サイトで月収100万円。

 

1か月に2万円の売上を上げるサイトを50サイトで月収100万円。

 

1か月に10万円の売上を上げるサイトを10サイトで月収100万円。

 

1か月に20万円の売上を上げるサイトを5サイトで月収100万円。

 

 

商品に付加価値を付ければ売れる。

 

商売上手な中国人のやり方を学ぶべし!彼らは商売になる事はすぐに始める。自分がやりたい、やりたくない、は全然関係ない。商売が好きなのだ。

 

 

Simple is best.

無駄をなくす事!

 

 

 

実店舗に関して。自分がやりたい事をやるんじゃない。その辺りに住んでいる人が望んでいる商売をすれば必ず成功する。

自分がやりたい事なんて、ビジネスとしてはどうでも良い事。

まあ、モチベーションは高く保てないけどね。

 

 

その記事はどんな人に見て貰いたいですか?

 

見てもらいたい人に響く言葉って何ですか?

 

 

 

 

ブログ記事=コンテンツ

 

コンテンツ=育てる物

 

育ったコンテンツは資産になる

 

 

月間売上1万円のサイトを100サイト作ればいい話ですよ~。

 

ユーザーの気持ちになって記事を書く。

 

お客さんの気持ちになってお店を作る。

 

世の中が求めている物を作る。

 

世の中が求めている店を作る。

 

世の中が求めている物と違ってきたら止めるか、変化させる。

 

 

結局、皆、お金の話が好き。

 

給料の事、収入の事、節約の事。検索数は多いということは需要があるという事。

 

結局皆好きな事。

 

・お金の事

 

・男女の事&性の事

 

・ファッションの事?(限定的ではあるが)

 

・子供の事

 

・家の事

 

・仕事の事

 

・将来の事

 

・保険の事

 

・美容の事

 

 

 

広告は、人に伝える為にある。その商品を知らない人に伝える役割を持っているのが広告である。

 

欲しい人 売りたい人 をうまくマッチング出来ればOKです。

 

 

希少性。他人が出来ない事。他人がやっていない事。それに対しての需要がある事。

 

 

それを必要としている人は必ずいる。そして、それを必要としている人に届ける事が出来ればビジネスは成り立つ。

 

 

 

便利で有る事

 

役に立つこと

 

他人に教えたくなる仕組み

 

 

 

 

ビジネスの基本は、WIN-WINですよ!

皆で得しよう~って話です。

自分ひとりが儲かろうなんて無理。

 

 

 

インフラ系は儲かるよ。確実にね。それを考えると、皆が使うサービス、モノ、を考えると良いかもね。

 

 

 

 

とにかく儲ける。まずは儲ける。売上を立てる。

 

利益は後で。借金経営も悪くないかもね~。

 

利息次第だけど。

 

 

商売をするなら~

 

・手間が掛からない

 

・誰がやっても同じ事が出来る

 

・単価が高い

 

・仕入れが不要

 

・仕入れがあっても腐らない物

 

・原価が安いもの

 

・商品数は可能な限り少なくし、絞り込む

 

 

 

 

 

成功者の真似をする

 

 

1万円×1万人=1億円

 

 

 

ネット上の集客方法は、

 

  • 検索
  • リファラー
  • SNS
  • ブログ
  • ホームページ
  • 広告
  • メルマガ

 

 

 

月間利益1万円のサイトを100個作ったら単純に月収100万円ですよ。

それが出来るのが、インターネットの世界なんです。

 

 

どんなキーワードでトップ表示されたいか、キメる!

 

 

 

売れる商品を売る。売れる商品に注力する。

 

 

人の感情を動かす事が出来るか?

 

 

人間の欲求を掴む!

 

 

人の3大欲求

 

 

性的な欲求

 

食欲

 

睡眠

 

 

 

集客

集客

 

集客

 

集客!!!

 

 

 

ある一つの商品を売るセールスマンになった場合、どうやって売るか?

 

・その商品を欲しい人はどんな人?

・その商品を欲しい人はどんなキーワードで検索する?

・その商品が欲しい人はどこに多く存在している?

・どんな言葉が心に響く?

・キラーワードは何?その人が求めている言葉は?

・その商品は悩みの解決になる?

・どうすればお客さんを多く集められる?

・なぜその商品を欲しがるのだろうか?

・本当に欲しいの?

・いくらだった買っても良いと思う?

・その商品を買った後のハッピーな生活をイメージしてもらう。

 

サイトに見込み客を集めて、

 

記事を読んで貰い、

 

買って貰う。

 

 

 

 

ターゲットとする人は何を欲しがっていますか?

 

需要がある事が大前提です。

 

売れる商品を売る。

 

シンプルですよ。

 

売上=単価×売れた数

 

高単価×少しの数

 

低単価×多くの数

 

 

アフィ→その商品が必要な人を想像してみよう~。

 

欲しくなるレター。

 

 

労働者→起業家→投資家

 

 

 

 

 

最初は小さく始めて、ここだ!というときに大きく投資をする。

 

小さく始めて徐々に大きくしていく。

 

 

影響力

 

 

最初の書き出しは「問題提起」で始める

 

 

 

何にも思っていない人に対してセールスする場合、

 

問題提起してみる。

 

 

 

 

売り方が大切って事

 

必要としている人に届ける事

 

セールスレター

 

コピーライティング

 

売れる記事

 

ビジネスでいきなり売り込みを開始するのは素人が行う手法。

 

まずは売り込みの要素を消す必要があります。

 

これをプロダクトローンチでは行います。

 

 

プロダクトローンチは以下のような流れによって行います。

1. 一話目に重きを置き、興味を引く

2. 売り込みの気配を消し、情報を少しずつ出して見込み客を教育していく

3. 情報を出していくと共に離脱率を少なくするために繋いでいく

4. 信頼関係を構築した後に商品を出す

 

 

商品が売れる理由は「お客様が欲している未来を達成させることができるから」

 

 

 

儲かるビジネス案件

 

  • お金
  • 金融
  • 起業
  • 転職
  • ブラック企業
  • 辞め方
  • クレジットカード
  • FX
  • 資格
  • 美容
  • ダイエット
  • アンチエイジング
  • 若返り
  • ヘアケア
  • 脱毛
  • 化粧品
  • 口臭
  • ワキガ
  • メンズ化粧品
  • ダイレクト出版
  • Amazon
  • ハゲ
  • 育毛、発毛
  • AGA

 

 

ブログ論

  • 想像で物語を作っても良いんですよ
  • 妄想です。
  • 読者に成功イメージが湧く
  • 成功体験~妄想
  • 良い結果発表
  • 「これを使って、こうなりましたー!」

 

 

 

今後のビジネスで大切な事

 

  • また読みたくなるブログ、メディアを作る
  • アフィリエイト以外の収入も考える
  • 唯一無二の存在になる
  • 逆算的な考え方。(この商品はどんな人が欲しいのか)
  • 紹介したくなる記事、商品、人物
  • 人が困っている事はビジネスになる
  • 人が困っている事への解決策を提案すればビジネスになる
  • 自分が困っている人の立場ならどうして貰いたい?
  • 1つの商品の営業マンだとした場合、どうやって売れば一番売れますか?
  • バカを相手に商売すると儲かりやすい
  • 結局、集客が一番大切。
  • とにかく人を集める事。リアルでもネットでも。

 

 

ビジネスで大切な事

 

  • 重要がある事
  • 他人の悩み事の解決
  • 市場規模が大きくなければ大きく儲からない。
  • それが欲しい人が沢山いる事
  • ライバル不在のブルーオーシャンが理想
  • 隙間産業
  • 有名人になる
  • 唯一無二の存在になる
  • その分野で1番になる
  • 高単価商品を売らなければならない。
  • 目標設定をしなければ、何をして良いのか分からなくなる
  • 儲かる分野、業種は決まっている
  • やる事リストを作る
  • 売り方ひとつで売れるか、売れないか決まる。同じ商品でも売り方次第。
  • なぜ、金持ちは金持ちなのかを考えれば答えは出る
  • 人気サイトを作れば良いのさ
  • ブログ、HPの記事数は多いほうが良い。なぜなら、想像もつかないようなキーワードでアクセスがあるから。
  • ペラサイトはゴミサイト
  • 検索キーワードは重要。それで集客が変わってくる。
  • キャッチコピー
  • より多くの人を集める事が出来る人間が成功する。これはネット世界でも
  • 何を書いてある記事なのか最初に書く
  • 分かりやすさ、ユーザビリティ、が大切って事
  • サイトの滞在時間を長くしてもらう
  • 色々なページに飛んでもらう。回遊して貰えるサイト
  • 結論を先に言う
  • 読みやすさ
  • YOUTUBE
  • 動画は主流になりつつある
  • 写真が多いほうが滞在時間は長くなる
  • 売り込みは無し。あくまでも紹介する程度
  • ゴミを売る方法を考えてみな!
  • 売れるものを売る。需要があるものを売る。

 

 

本当は欲しい物もある

 

  • 乗りたい車がある。とりあえず、RV車。
  • 良い家に住んでいる。
  • ランボルギーニやフェラーリに乗っている。
  • 本当は洋服にすごくこだわっている。
  • 居酒屋に行きまくっている。そして、友達におごりまくっている。
  • 家には、ガンガン汚しても良いキッチンがある。別宅で。
  • いつでもかまど炊きが出来るスペースを作った。
  • 釣りにはまっている。
  • 登山にはまっている。
  • サーフィンにはまっている。
  • キャンピングカーを手に入れる
  • 私にとっての良い家とは、ログハウス。

 

 

今後買う物リスト

  • ドローン
  • 一眼レフカメラ
  • ランドクルーザー
  • PS VR
  • アクションカメラ
  • 軽トラック
  • 4Kビデオカメラ
  • 自転車
  • キャンプ用品
  • ソーラーパネル
  • 蓄電池

 

 

 

 

やりたい事リスト

 

  • 街を作る
  • テレビ局
  • スポーツクラブ
  • 飲食店
  • クラブチーム
  • バスケットコート運営
  • ドリンク屋さん
  • 美容院

 

 

成功とは

ポジティブになれば幸福度がます。

成功の秘訣はやり抜く力。

根性が大切。

人生はマラソン。

目標に向かってコツコツと努力をする事が大切なんだよ。

 

 

 

 

■市場規模

市場規模が大きいと、儲けも大きい。

市場規模が小さくても1番になれば儲けは大きい。

 

参入する商材に関して、

需要があるのか?ないのか?

下調べは大切になる。

 

 

■ライバルがいないところでビジネスをする。

またはそのジャンルで1番になる。

 

いわゆるブルーオーシャン。

 

 

 

 

 

■悩み事の解決策が仕事になる。

 

インターネットビジネスでも、

リアルビジネスでも同じ。

 

問題を抱えている人の悩みを解決してあげる事が出来ればそれはビジネスになる。

 

 

■キーワードは無限

ビッグキーワードにこだわり過ぎない事。

関連するキーワードは無限にある。

例えば、ジェルネイルキット 関連キーワード。

 

・ネイルサロン いかずに ジェルネイルをする

・ネイリスト 下手くそ

・自分でジェルネイル やり方 やる方法

・ネイリスト なり方

 

などちょっと関係ないかもしれない様な事でもキーワードになる。

 

そのキーワードが思い浮かばない検索者もいる事を想像する事が大切。

 

 

 

 

 

■逆張り

思っている事と逆の事を書いてみる。

文字も逆。

人を惹きつける事が出来るかも?

 

 

 

■ネガティブな言葉

意外と、アクセスが伸びるのが

ネガティブワード。

人間は、悪いニュースが結局好きだったり、

人の不幸を喜ぶ傾向にある。

なぜなら、他人と比べて自分はまだマシだと思いたいから。

 

 

 

■ブログ運営をするには、専門家になれ!

ニッチな分野の専門家になれば売れる可能性がある。

レッドオーシャンに飛び込むよりも

ブルーオーシャンで勝負しよう。

 

 

 

■タイトルは出来るだけ短く!

読者はちゃんと読んでいない。

長しながら読んでいる。

まずはタイトルをみて

クリックして貰う事が大切。

見て貰わなければ何の意味も無い。

 

 

■まずは相手に無料奉仕する事。

最初は与える事。

与えて与えて与えまくる。

そうする事で信用が付く

商売をする上で大切な事。

それは信用だ。

 

■キーワードは3つ以上。

とにかく絞って絞って絞りまくる。

広いターゲットではダメ。

ズバリのターゲットに向けて、

あなたに向けての記事ですよ!

とアピールする。

 

■PV数を伸ばすには

多くの人が興味を持っている事を記事にする。

バズらせる事が出来ればブログ運営は成功する。

 

■有名人になれば商品は勝手に売れる。

知名度というのは最高の武器になる。

 

■ブログ、HP、は見て貰ってなんぼじゃ!

まずは見て貰わなければ意味が無い。

存在していないのと同じである。

だから、とにかく見てもらう

知ってもらう事が大切。

これは、リアル商売でも同じ。

お客さんは知らなければ

買う事が出来ないから。

 

■戦うならライバルが少ない場所で。

ブルーオーシャンを見つけて

そこでビジネスをする。

ライバルがいなければ必ず勝てる。

 

 

■記事には、ターゲットを入れる。

ブログタイトル、

サイトタイトルには、

ターゲット名を入れる事により

クリック率が上がる。

 

 

■お客さんが求めている答えを提供する。

 

■お客さんが欲しい情報を提供する。

 

■お客さんが欲しいモノを提供する。

 

■お客さんが欲しい結果を提供する。

 

 

 

■なぜ、今 自分が生きていられるのか?

それは、先人のおかげである。

一人では生きていけない。

全ての事に感謝。

人を馬鹿にするような事はしない。

それは、その人がそれで良いと思って選択してきた結果。

 

 

■本人は、それが良いと思ってやっている事。

他人がとやかく言う必要は無い。

 

 

 

■怒りの、怒る、の感情は、経済的マイナスにしかならない。

逆に、喜び、楽しい、嬉しい、の感情は経済的にプラスになる。

なので、怒り、等の負の感情は無くしても構わない。

持っていても意味が無い。

むしろ損である。

 

と言う事は、常に笑顔でいて楽しむ事が重要である。

 

 

 

■全てには理由がある。

 

怖いと思うと言う事にも理由がある。

嬉しいと思う事にも理由がある。

上手くいったことにも理由がある。

 

そこに自分で気付く事が大切である。

 

 

 

 

■自分で考える力を身に付ける。

とにかく自分の頭で考える事。

考える為には、色々な知識を取り入れなければいけない。

知識が無ければ考える事が出来ないからだ。

人間はその為に、勉強し学ぶ。

知識は、自分で考える為に必要不可欠なのだ。

 

すぐにコンピューターに頼るのではなく、

知識を取り入れる事はしても良い。

その代わり、その知識をどう活かすかは

自分で考える必要がある。

 

 

 

■何でもとにかく一生懸命にやってみる。

本気でやるとくやしさが芽生えるから。

 

 

 

■自分の信念を持とう

そうでなければ、ブレブレになってしまい

怖くなってしまう。

 

 

 

 

 

■ネット集客方法

・SNS

・ブログ

・HP

・検索(オーガニック検索)

・紹介リンク(被リンク)

・メルマガ、メール、などからの直接リンク

 

 

■ブログを書く時に気を付ける事。

・文章はストーリーを語れ!

・単純で分かりやすい話

・意外性に富んでいる

・具体的である

・信頼性がある

・感情に訴える。

 

■ブログを書く時に!

誰に向けて書くか、明確にする。

例えば、ネイルサロンを開業したいネイリストの為のブログ。とか。

ここまで誰に向けた記事、ブログ、なのかはっきりとしていると集客しやすい。

タイトルは、ぼやかしてはダメ。明確にする事が大切。

 

検索者は、どんなキーワードで検索しますか?

解決策を探している。

全体の構成をまずは考える。起承転結。

 

■サイト

・比較サイト

・レビューサイト

・口コミサイト

・ランキングサイト

・まとめサイト

・1点の商品専門サイト

・固有名詞サイト

 

■カテゴリー別にサイトを作る。

または、1つのブログでカテゴリーを作る。

 

■商売の鉄則

その商品に需要は見込めるか?

 

■キーワードは3つ選定する。

 

■ぺラページを作るにしても、しっかりと情報を載せる。

 

■知りたい情報にすぐにアクセスできるサイト、記事。

 

■クリックしたくなるタイトルが重要

悪口、悪評、反対の事、疑問形、続きが気になる書き方

 

■検索者は、1秒で更に見るか、戻るか決める。

 

■セールスは絶対にしない!

あくまでも、紹介する感じ。

 

■皆と違う事をする。

オリジナリティー、独自

 

■ニッチなところ

 

■優良サイトを作る

 

■購入意識の高い人が検索するキーワードを選定する。

 

■基本的にはテキスト中心にサイトを構成する。

 

■PV数は大切。それによってGoogleが判断する。

 

■滞在時間は重要。

 

■内部リンク。

■ターゲットは絞れるだけ、絞る。ドンピシャの情報を簡単な文章で、完結にまとめる。

 

■話ことばで書く事も重要。

 

 

■これからはプログラミングは必須。

 

 

■ブログ記事

1人でも興味がある記事を書き、その1人がクリックしてくれれば売り上げに繋がる可能性がある。

と言う事は、色々な記事を書く事。

これが大事になる。

 

 

■クリック数を増やす

 

まずは、クリックして貰う事。

クリックして貰わなければ売り上げに繋がらない。

その為には、まずは見て貰う事。

サイトに来てもらう事。

検索して貰う事。

タイトルを見て、クリックして貰う事。

読んで貰う事。

クリックしたくなる仕組みを作る事。

 

■クリックしたくなる仕組み

文章中にさりげなく、テキストリンクを入れ込む。

「続きが見たい!」と思えるような、文を書く事。

クリックしたくなるボタンを作る事。

 

 

 

■サイトタイトルに関して~

キーワード+ネガティブキーワードを入れるとクリックされやすい。

 

例えば、「失敗」「最悪」「ダメ」「評判悪い」

など。

 

これらのキーワードが入っていると、検索者はクリックする。

 

褒めるだけのタイトルでは、ダメ。

ありきたり過ぎてクリックされない。

 

ちょっとした炎上商法。

 

 

■炎上商法

人の感情を逆なでし、それを拡散させ、アクセスを集める方法。

 

■これから学ぶべき事

それは、プログラミング。

PCスキルは必須。それも、インターネット関連。

 

 

■商売の鉄則~それは笑顔で対応する事。

これは、ネット上でも同じ。

無機質なサイトよりも、人間の笑顔がこぼれるサイトを作る。

温かみのあるサイト。

安心できる見た目が大事。

 

これは、売れているリアル商売の人に学ぶ事が出来る。

例えば、繁盛している定食屋のおばちゃんの対応力など。

 

■サイトアフィリ

ぺラページでも良い。その代り、タイトル、ディスクリプション、キーワード、にこだわる。

そして、検索者の為になるサイトを作る。

情報をまとめる。

見やすいページ。

安心できるデザイン。

分かりやすいデザイン。

 

■サイロアフィリ

外部リンクは、出来るだけ貼らない。

内部リンクにこだわる。

 

 

 

■高単価なモノを売る。

■自分の基準を上げる。

■1日の目標設定額を上げる。

■これからは、モノを売るのではなく情報を提供し売っていく。

■そこに需要はあるのか?

 

■商売の鉄則⇒ 相手の不安を取り除く事!!

 

■ブログとHP、どちらが良いの?

どちらでも良い。

お客さんにしてみればどちらも同じ。

お客さんは情報を探しているだけなので、

それが、ブログに掲載されていようが

HPに掲載されていようがどちらでも良い。

 

 

■どんなにやっても、儲かる業種は決まっている。

 

■高単価商品を売らなければ、一生貧乏なまま。

低額商品は、集客ツールにしか過ぎない。

 

■客は、えこひいきしろ!して当たり前。

 

最下層 ⇒ 見込み客(客じゃない)

新規客 ⇒ まだ、どうなるか分からない。

リピーター ⇒ 大切なお客様

ファン   ⇒ 何があっても買ってくれる人。強い信頼関係が成り立っている。

 

見込み客や、安い客をいつまでも相手にしている暇はない。

それよりも、リピーターやファンをもっと大切にする事のほうが大切。

少数の意見が大声になってはいけない。

 

リピーター、ファン、の満足度をドンドン上げていく事が大切。

 

 

■まずは、インプットする事。

ドンドン、情報を詰め込んで

ドンドン、アウトプットしていこう!

 

そうするとどんどん、自分の身になる。

 

 

 

■ストーリーを語れ!

人は物語ならちゃんと覚えている。

また、興味を惹きつける事が出来る。

 

■記憶に残る文章

単純明快

意外性があり

具体的で

信頼性があって

感情に訴える

 

 

 

 

■「流される」習慣から身を守る方法

1、人間が完全にコントロールできるのは、自分の頭で考える脳力以外には無い。

 

2、人生の中で手に入れたい「望むモノ」を明確にする事。目標でも良い。

それを実現する為に「緻密な計画」を立てる。

必要とあれば、永遠の敗北以外はどんな犠牲も喜んで払う事。

 

3、一時的な敗北をした時、その内容や原因に関わらず、それを分析し、それに見合うだけの成功の種を見つける事。

 

4、人生で獲得したい物質的な富と同じ価値を持つサービスを喜んで他社に与える事。

しかも、与えるほうを先に!!

 

まずは、与える事!

 

4、自分の脳は、「無限の知性」から情報を得る為の受信機である。

 

5、時間程大きな財産はない! 時間は思考の力以外で人間が完全に自由に出来る唯一のモノである。

時間は、自分が望むどんな物質にも転換する事が出来る。

 

6、「恐怖」とは、たいていの場合、人間の意識の使われていない部分を悪魔が占拠する為に使うモノだという事を理解する。

 

「恐怖」とは、人間の意識が作り出すモノであり、望みさえすれば、何でも手に入れる事ができるという信念で意識を満たしていれば、

「恐怖」も追い出す事が出来る。

 

7、祈る時は、お願いしてはいけない!

自分の欲しいものをはっきりと、「要求」し、代用品などでは決して誤魔化されないと宣言する事。

 

8、人生とは厳しい修行の場。

その監督者になれるのは、「人間」か「人生」か、どちらか一方である。

その中間は無い。

妥協点も無い。

人生から、自分の望まないモノを差し出されても決して受け取ってはいけない。

たとえ、それが一時のモノだったとしても。

自分の意志でそれを拒否する力が人間にはあるし、そうする事によって、本当に自分が望むモノを招く事ができるのだ。

 

9、頭がある考えで支配されると、それは必ず大自然の法則によって、最短最適のルートを通り、現実の形となって

具体的になって目の前に現れる。

その事を忘れずに、自分の考える内容に常に注意を払う事が大切だ。

 

 

「頭の中で考えている事」は、具体的な形となって目の前に現れる!!!

 

常に自分の行動、考えている事、を明確にする。

中途半端な事をしない。考えない。

 

 

■流される人間になるな!

周りと同じ事が良い事とは限らない。

自分で信念を持つ事が大切。

 

流されない人間になる。

 

■教育も同じ

子供をダメにするのは、親、教師。

子供のうちにどんな大人と接するかによって、将来の人格が形成される。

 

■子供の勉強

まずは、大人が勉強している姿を見せる。

知識、創造、理解力、積極性、学びの心。

 

子供は、自分で学んで、自分でやりたい様に本当はやりたい。

が、大人が途中で口をはさんだり、大人の常識で修正したりする。

子供は、それが嫌なのだ。

子供も自分で考えてやりたい。

 

■記事について

アフィ記事の書き方

1、誰の為に書く記事なのか?

2、どんなキーワードで検索されるか?

3、検索者の知りたい事は、「解決策」

4、見出しを考える

5、小見出しを考える

6、全体像を決める。書き始める前に1度、紙に書いてみると良い。

 

■記事の書き方

1、キーワードを3つ選定

2、クリックしたくなるような「面白いタイトル」

3、訪問者は、1秒で、更に見続けるか、戻るか、決める。

なので、表示された時の、パッと見の印象が大切。

 

4、訪問者が知りたい情報がすぐに見つかる。すぐにアクセスできる事。

余計な情報はいらない。

 

5、セールスはしない。売り込みをされて嬉しい人間はいない。

あくまでも自然な形で「紹介」する事が大切。

 

 

■サイト、ブログ、記事、を書く前に考える事。

 

1、需要はあるのか?

2、見て貰いたい人(ターゲット)を、絞り込む。

出来るだけ、細かく!!

ターゲットが広すぎると、サイト、ブログ、記事、がぼやけてしまう。

 

絞り込む!!

 

 

 

■商売の鉄則

需要があること。

供給過多になっていない事。

まずは、知ってもらう事。

見て貰う事。

認知してもらう事。

ファン(顧客、リピーター)になって貰う事。

買ってもらう事。

 

 

 

■自分の頭で考える事。それが一番大切。

 

■悪い習慣を1つでも持っていると、更に悪い習慣を増やしてしまう。

 

■未来を見る事ができるか?それ次第。

 

未来は見る事が出来る。

 

絶対的な未来では無く、相対的な未来。

 

それは、情報次第。

 

他の人より早く情報を収集する能力。

 

 

■商売の原則=需要

需要が無ければ商売、ビジネスは成り立たない。

需要の掘り起こしが出来れば一人勝ち出来る。

ブルーオーシャン

 

■信用は、成功体験の積み重ねでしか生まれない。

 

■利益額が高い物を売る。

 

■集客、認知、知ってもらう。人を集める事が出来れば商売出来る。

 

■信用 お客さんに信用してもらう。

 

■リピーターになって貰う。

■元手が掛からない。

 

■ストーリーが好き。物語を語る。

 

■成功体験

 

■ファンを作る。有名になる。

 

■毎日続ける。更新する。

 

■一山一家

 

■お父さん、お母さん、兄弟、恋人、妻、子供、親戚、親族

 

■売る仕組み。売れる仕組み。なぜ、その商品が売れたのか?仕組みを考える。

 

■商売は信用で上手くいく。

 

■口に出すとリラックス。逆におしゃべりな人は、不安の表れである。

 

黙っている人は、ストレスが溜まる。口から声に出す。

 

■お金とは、信用を数値化したもの。

■人は感情でモノを買う。

■モノが欲しいのではない。そのモノを買った後の気持ちが欲しいのである。

・嬉しい。
・みんなと違うモノ。優越感。
・値段が高い物。自慢

 

 

■いじめとは、ある種の呪いである。いじめをする人は相手に呪いをかける。

イジメられている人は、その呪いを絶つ方法を身に付けなければならない。

 

1、礼儀正しく。他者に対して礼儀正しく。

2、オープンマインド。入ってくる人を全て受け入れる。全ての人間を受け入れる。

3、身体感度を上げる。感じたことを声に出す。

例~天気がいいな~。花が綺麗んだな~。等思った事を声に出す。

 

■お金を稼ぐ方法

・FX ・株 ・アフィリエイト ・物販販売 ・オークション ・転売

・広告費 ・商品を作って売る。

 

■菖蒲谷の為に

小さな商店をつくる。

豊かな土地を作る。

華、野菜、動物、の園を作る。

お墓を整える

綺麗な村にする。

 

■ネット~ポータルサイト

みんなを惹きつける魅力的なサイトを作る。

目立つ事。

分かりやすい事

リンクさせる事。

紹介すること。

 

■商売の鉄則

1、 知ってもらう。
2、 人を集める
3、 伝える。紹介する。
4、 選んで貰う。
5、 必需品にしてもらう。ずっと必要だと思ってもらう。

 

■言葉の力

言葉とはとても便利なものだ。

人に、色々な事を伝える事が出来る。

その為、言葉が何故生まれたのか?それは、人に伝える為である。

伝わらなければ言葉ではない。

■言葉の表現力

言葉を綺麗に表現しよう。

自分の気持ち、思った事、状況、をオリジナルの言葉で表してみよう。

新しい「言葉」を作りたい。

新しい「表現方法」を作りたい。

言葉、文章も、芸術になり得る。

人を感動させることも、怒らせることも、なんでも出来る。

言葉とは凄い発明である。

 

■文章を書く

タイトルで、その人に読んでもらえるか、読んで貰えないか、決まる。

タイトルは、とても大事。

 

■記事の内容は、面白おかしく書こう。

そして、読みやすい形で。

負担にならずに、すらすらと読める文章を書く。

 

面白く、興味を持ってもらえるように書く。

 

■需要のあるモノを紹介する事。

 

■みんな、非日常に興味がある。

■結局、悪いニュースにしか、世間は興味がない。良いニュースは、ちょっとだけ。

 

■商売を始めるならどうする?気付いたこと。

・絶対顧客数が多い商売⇒美容室、床屋、飲食、洋服、不動産、金儲け、性産業、美容、ダイエット、はげ、モテたい、かっこよさ、美人、可愛い、

・ニッチではあるが、確実に顧客がいる商売⇒かつら、各趣味

 

 

■キリの良い所で休憩をしてはいけない。脳がOFFになってしまうから。本当に休ませたい時以外は、脳をOFFにしてはダメ

■本は、声にだして出した方が良い。

口に音に出して、耳で聞く。記憶力。

■サヴァン症候群~一般の人は、あえて能力を抑えている。なぜ抑えているのか?それは、生活に支障をきたすから。

■自分が苦手な事にあえて挑戦して、脳に負荷を与える。能力向上。

 

■売れそうな商品をドンドン出品、紹介する。紹介する場所、相手、によって売り方を変えると売れる商品がある。

■上手に伝える。伝わらなければ、意味が無い。

■デザイン・アート・文章、は0から利益を生む。アイディアが富を生む。

【オリジナル】のモノ。支持されるモノ。

■売り手良し、買い手良し。

■消費者と売り手は、パートナーになる。Win win の関係が成り立つ。

■好みは人によって様々。その為、色々選べるように多くの商品をラインナップする必要がある。

■売れる物がある⇒どうやって売るか。

■日本ならではのモノ。自分ならではのモノ。オリジナルティ溢れるモノ。

■今ある技術を使って、違うモノを作る

■日本から世界へ

■世界に売り込む

■新しいマーケットを探す。発掘する。

■お母さんに、縫い物雑貨を作って貰ってネットショップで売ってみたいな。
お母さんは、和裁師

■お父さんは、観光案内。案内人。

■特別な何か・・・

普通と違う事。普通よりちょっと良い事。

 

■コストが掛からない。

技術で、世界を変える事が出来る。

 

■野菜、生鮮食品。未来まで続く事業。

 

■何歳になっても夢を追いかけることが出来る。

 

■フィルムを使って、トマトを作る。伊勢原にある会社がフィルムを作っている。

■食の産業は続く。

 

■陸上で海産物を養殖できるようになっている。エビや、トラフグ、など。

■砂漠で、トマトの栽培が出来るようになった。

■新しい産業。今まであった産業を少し変化を加えて、新しい産業を生む。

 

 

■商品を売る場合~まずは、売れる商品を選ぶ。

・売れる商品=需要がある商品・人気がある商品・みんなが欲しがっている商品

・決して、売り込みはしない。あくまで自然に紹介する事。売り込みをされて嬉しい人はいない。

・その商品を使う事により、「あなたの問題が解決します。」と言う事を伝える。

・困っている人の問題を洗い出す。何に困っているのか?

・人は、モノが欲しいのではない。そのモノを買った後の結果を欲しがっている。

■紹介する商品が決まったら、ブログで紹介する。

・困っている人が入力するであろう「キーワード」+「形容詞」+「固有名詞」をタイトルと本文に含める。

 

■こんなのあったらいいな~を形にする。まずは、どんな形でもよい。ちゃんと形にして、早めにリリースする。

改善点は、徐々に改善していく。

 

悪いことを考えてもしょうがない。良い方向に考えよう。

ブログ、文章、も同じ。悪いことを書くのではなく、良い事を可能。

出来ない理由を並べるのではなく、出来る方法を考えた方が建設的だ。

 

良いと思う事は人それぞれ。

感じ方、考え方、全く同じ人間はいない。

政治、選挙、もっと関心を持ってもらうために、ちゃんと小さいうちから教育するべきだと思う。

ちゃんとわかった上で意見や考え方が違ってくる事はよいと思う。

しかし、分からないまま、専門家の意見だけ聞いてそれに洗脳されてしまうのはダメだと思う。

 

創造する。世界を変える事が出来る。

アートは、自由。他人の評価なんて気にしない。

アートは、人を感動させることが出来る。感動させることが出来れば、それはアート。

人を驚かす事。

感動させる事。

 

他人に評価されることは、本当は苦痛。しかし、感動してもらってこそ意味があるのではないか?

お金を稼ぐ=お客さんがお金を払ってくれる。お客さんがいなければ成り立たない。喜んで貰ってお金を頂く。

人の悩みを解決してあげる事が出来る【ブログ】【記事】を書く。

プロは結果が全て

 

想像力を働かせてみる。大きく考えてみる。宇宙規模で考えてみる。

イメージしてみる。実現できる。

突拍子もない事を考えられるように、想像力を常に鍛えておこう。

拠点は、一つに絞る必要な無い。

色々な場所に拠点を作ろう。あれもこれもしたっていいんです。その代り、本気でする。

本物のクリエイターになる。0からモノを生み出す事が出来る。

1から2にすることもできる。
1+1=3のモノを作る。

新しいサービス。いままで無かったサービス。みんなが望んでいるサービスは?

みんなに喜んでもらえる事。人の役に立つこと。

ちゃんと、自分の脳に「命令」しなさい。

自分が自分の脳にちゃんと「命令」をしないで、誰がするの?

「自分で何かを作り出す事が出来る人」

 

これからも売れる物って?
・美容 エロ お金儲け 不動産 情報 スピード 癒し コミュニティ 洋服 コンタクトレンズ
・車 バイク 趣味用品 広告 宣伝 文章 転職 就職 もて ハゲ治療 ダイエット ムダ毛
・ひげ 脱毛器 身長アップ バスト 足首太い スポーツ 眉毛 二重 唇目 口 アクセサリー
・鼻 髪の毛 ヘアスタイル 爪 語学 英語 中国語 留学 ワーホリ シェアハウス 航空券
・旅行 温泉 悩み 学校 資格 食 経営 開業 起業 風俗 水商売 メディア 金融
・憧れ カリスマ 漫画 アニメ オタク 家電 ゲーム ネットゲーム スウィーツ
・アイドル 動画 エンターテイメント スポーツ観戦 スポーツ用品 美容室 エステ ネイルサロン
・マリンスポーツ ウィンタースポーツ ラーメン パチンコ ギャンブル 整体 マッサージ
・通信 インターネット 病気 治療 不安 悩み スポーツジム 健康 靴 洋服屋 ブランド
・シミ しわ 成形 二重 ヒアルロン酸 紫外線 美白 アンチエイジング 男性化粧品

新しい伝え方。

インターネットが無くなってしまった場合、他の伝え方が必要になる。

まあ、無くなる事は無いけどね。

 

 

自分の「脳」にちゃんと明確な命令を出す!自分の事は、自分がコントロールするしかない。他人はコントロールできない。自分が自分にしっかりと明確な命令を出す。そうすることにより、脳がどうすれば良いか勝手に考えて行動を起こす。
まずは、はっきりとした、明確な命令を【脳】に出す。

【脳に明確な命令を出す】

自分の小さな行動が、周りに何らかの影響を与える。例えば、一人の人間が高速道路で自分勝手な運転をしているとする。すると、周りの運転手は、色々な違った行動をとる。一人は、車をよけ、一人はイライラし、一人はブレーキをかけ、一人は、避けようとして事故を起こしてします。

たった一人の身勝手の行動が、周りに多大な迷惑をかけてしまう事もある。

逆に、一人の人間が、困っている一人の人間を助けた。その助けられた人間は、その助けてくれた人間に感謝をする。そして、自分も親切な人になろうと思う。
そして、その助けられた人間は、困っている人間を助ける人間になった。この連鎖が続けば、世の中上手く回るようになる。

1度接した人間とは、その時点で何らかの人間関係が生じる。それを良い人間関係にすることが出来れば凄い力になる。

・どのサイトよりも、紹介したいサービス、商品の事を詳しく書く事。お客さんが求めている情報を書く事。
・他のお客さんの声を書く事。
・まずは、自分から色々と話しかける。そのことによって誤解が生まれない。そして、脳みそをフル回転させることが出来る。人と話をするという事は、頭を使うことになる。相手の表情やしぐさ、気持ち、遣う言葉を、考えるから。

笑顔。まずは、自分が笑顔でいよう。自分が笑顔なら、相手も笑顔になる。逆に怖い顔をしていると相手も怖い顔になる。気持ちを落ち着かせたい時は、笑顔で。顔が先か、気持ちが先か。迷ったら顔が先。体を動かすことにより気持ちも変わってくる。

相手に親切にしたら、その人も親切になる。逆にいじわるをしたら、相手も意地悪になる。

アクセスを集めるには、お客さんにとって有益な情報をしっかりと伝える事。

結局それが強いサイトを作る。

検索する人が求めているものは、「情報」

人は、信頼できる人、企業、サイト、からモノを買う。

商品を売り込みしてはいけない。

知ってもらう。試してもらう。納得してもらう。

自分の弱みを出すと人を引き込む事が出来る。

Vision and Hardwork

当たり前の事を疑う。それは本当か?自分で調べて納得する事。いわゆる偉い人が言った事が100%正しいとは限らない。

お客さんに「欲しいな~」と思ってもらえるように紹介、説明する。売り込まない。そして、知ってもらう事が大事。知られていなければ存在しないのと同じ。

人は「物語」が好き。その商品、モノ、人の、ストーリーを知りたがっている。それは情報。

どんな、モノにもストーリーがある。開発ストーリー、売れるまでストーリー、ドン底ストーリー、等々。
想像でも良い。想像出来る事は実現する。

SEOは【BIG KEYWORD】+【Small keyword】+【α】が大事。お客さんの気持ちになって、なんと言って検索するか?難しいワードは入力すらされない。お客さんの気持ちになってキーワードを選定する。

物事は限りなく単純明快にするべきだ。誰だって分かりやすい方がよい。誰だって簡単なほうが良い。
難しい事を簡単に、簡単な事を面白く、伝えることが大事。

【間】とは、一瞬で空気を換える事が出来る究極の時間。間は大切。
1度脳をシャットダウンすること。
ずっと泣いている赤ちゃんを一瞬にして泣き止ます方法に似ている。一瞬にして空気感が変わることが。

空気を一瞬にして変える方法は、【音】【声】【動き】【驚き】【意外性】【先が気になる事】

お客さんに納得してもらう為にメッセージを投げかける。どんな事を伝えたいか?何を伝えたいか?
伝えるべきことは?伝わらなければ意味がない。存在していないに等しい。
そして、【共感】してもらう事が大事。共感力。共感して貰えたら仲間が増える。商品が勝手に売れる。
ホームページ、ブログ、SNS、などには顔写真をのせる。笑顔の写真。顔の写真をのせる事により信頼できるサイトだと思ってもらえる。
意外と自己紹介も大事。少し興味を持った人は、この人がどんな人なのか気になるから。
1番最初にすることは、興味を持ってもらう事。
興味がない人に、どんな説明、紹介、をしても意味がない。
逆に興味があることに関しては、ちゃんと聞いてくれる。
相手が求めているモノを提供すること。

自己紹介にのせる事は、性別、年齢、自分の弱み、強み、今までの経験。好きな食べ物等は意味がないから載せない。

HP、ブログ、SNS、も1つのショップだと思え!

ネット販売も路面店の様に接客の精神で行え。

人が読みたくなる方法は、物語風に書く事。 会話形式だと特に読みやすい。
スペースは出来るだけ開ける。スマホやPCで文字を読む事は疲れるから、出来るだけ見やすいレイアウトで。

まずは、最終目標、ゴール、を決める。それを決めることにより何をどうしたら良いのか決まるから。

【サイト構成】・ホームページ名(SEO対策)何のHPなのか人目で分かるタイトル。
・サブタイトル そのサイトがどんな事を書いてあるのか要約されている文章。
・商品、紹介したいサービスのなどの詳細。
・そのサイトの想定ターゲット。ターゲットを絞る。
・想定ニーズ。その商品、サービスを必要としている人が世の中にどれぐらいいるのか?
・コンテンツ。
・掲載プログラムはあるのか?そのサイトは良いサイトか?人気商品か?売れるのか?ニーズはあるのか?

デザインが良いと商品自体の質も良く見える。高級店で、普通の食事をしてもなんとなく高級に見える原理。
松屋で高級肉を食べても安く思える原理。これほど、箱のデザインは大事。

デザインによって、価値が高くもなり、低くもなる。
とにかく見た目は大事。見た目が命。人も同じ。人も見た目で100%判断しても良い。

読者、お客さん、の視点で物事を考える。

人が困っている事の解決策は、商売になる。

そのアイテムを探しているお客さんは、商品を求めている訳ではない。その商品を買って得られる結果を求めている。

 

お客さんが知りたい事~価格、内容、他との違い、ランキング、売れているモノを知りたい、なぜそのアイテが良いのか? 本当の効果は? そのアイテムを使った結果は? 悩みの解決策を知りたい。 その結果への評判。
他の人の声・レビュー
このように、お客さんは情報を求めている。それを分かりやすく、簡単に、見やすく、伝えることが大事。

目標を達成するために、必ず方法はある。かならずある。

世の成功者のマネをしていろ。

相手が望んでいないサービスは、タダの迷惑。良かれと思った事でも、相手にとっては迷惑かもしれない。
サービス業でも同じ。

一つの商品専用のHP、ブログを作る。リンクは1つに絞ることが大事。あまり外部リンクを増やし過ぎると評価が下がる。自サイトで処理する。

リストビジネスは確かに確実。リストさえあれば、いくらでもセールス出来る。それも質の良いリスト。ここで言う質の良いリストとは、その紹介したい商品に少なからず興味を持っている人達のリスト。

人は、苦痛を緩和させる為に商品を買う。苦痛を避けたいのでモノを買う。

人は快楽を得る為に商品、サービスを買う。

結局、人間は感情でモノ、サービスを買っているのだ。感情が無ければ、何も売れない。感情。

富=人からの感謝、求めているモノ×人数(需要)

まずは、自分のゴールを決める。

常にネタ帳を持ち歩こう。どんな些細な事でも、ネタになる。そのネタを面白く、おかしく、少し大きく、話してみよう。芸人さんの様に。
とにかく、毎日続けよう。書き続けよう。発信し続けよう。そうすれば、自分の能力が少しずつではあるが上がっていく。

毎日、文章を書いたり、新しいサイトを作ることにより、脳力がアップする。

考え、イメージし、設計図にお越し、作る。行動する事が大事。作り上げる事が大事。

毎日、瞑想をしよう。何も考えない事に集中しよう。自分を見つめ直すことにより、イライラしなくなる。

自分を変えたければ、入力する情報を変えよう。入ってくる物が違ってくると、出ていく物が変わる。

自分を変えたければ、まず、見るモノ、触るもの、など入力する情報を変える事。

 

自分の変えたい部分は?

・人見知り
・ビビり
・話下手
・考えすぎ
・肉体的に弱い所
・お金が無い所
・行動力
・目標

 

では、どんな感じに変えるか?

・社交的
・肝っ玉が据わっている。どっしりと構えている。小さな事は気にしない。余裕。王様。帝王。王者。神。
・小さい奴は相手にしない。眼中にない。どっしり!!
・話好きです。人と話をするのが好きです。聞くのも好きです。話す事は、趣味、出身地、好きなモノ、仕事、好きな車、等。引き出しを多く持つ。相手が話したくなるように質問する。相手に興味を持つ。そうすると、どんどん聞きたい事が出てくる。決して、嫌味が無いように心がける。

・考えない。難しく考えない。楽に。ありか?なしか?2つに一つ。まずは、すぐに決めるようにしよう。
自分がどうするか、1秒以内に決める。すぐに決定する。結果は、分からないから。結局のところ。どっちに転んでもそれはそれでよし。
あまり難しく考えないようにしよう。相手もそんなむずかしく考えていない。さらっと丸く収めよう。
悪いと思えば、とりあえず謝る。訳も分からず怒っている人は、笑顔で対応しよう。とりあえず、落ち着いて貰おう。まあ、そういうときは近づかない事が大事だったりするね。
・体を鍛えよう。走ろう。足腰の強化。腕の力をつける。腹筋を硬くする。腕相撲に強くなる。筋肉マンになる。痩せているが筋肉質になる。
とにかく、体を動かそう。体がかたくなると、心も固くなる。これは、もう、実証済み。今の自分から脱却しよう。

・どんどん人に話掛けよう。どんどん人に話掛けよう。自分からね。大事よ。心を開こう。心を開いて話そう。

 

・本物のアフィリエイターになる。これは、自分に向いていいる商売だ。良い物を紹介したい衝動を抑えられない。
良い物を紹介使用。スーパーアフィリエイターになる。

・世の中の人が求めている物を作ろう。発掘しよう。

 

・どんどん動こう。行動しよう。考えた事をすぐに実行しよう。明日しよう。後でしよう。は、ダメダメ。

いつするか?いまでしょ~。

・すぐに行動を起こそう。

 

・目標は、歩きながら。考えてみる。自分がどうなりたいか。どっしりとね。

 

毎日の瞑想は欠かさず。目を閉じて、じっとしていよう。何も考えない時も大事。

PCの再起動と同じ。

所詮、宇宙からみた人間なんてみんな、米粒の様なもの。

人間なんて、本当は大した差はない。ちょっとした差で争っているだけ。

ちょっと努力とトレーニングさえすれば、すぐに同等レベルになれる。

宇宙から見た人間なんて米粒みたいなものさー。

宇宙規模で考えてみよう。

物事は、大きく考えてみる。

スケールが大きい人間になる。壮大な妄想。
やっぱり、夢は大きいほうが良いと思う。

少し心が折れそうな時は、「斎藤一人」の本を読んでみる。

やっぱり、人間は明るいほうが良いと思う。

明るい人間。元気な人。優しい人。相手も思える人。

お互い様。どちらにとっても良いと思えること。

最初から、対処法を決めておく。

選択。すぐに決断しよう。

 

脳みその使い方。

思考。考え方。知識。引き出し。使用方法。イメージ。自己洗脳。

人間の能力の違いは?脳力の違い。

世の人が欲している物は何か?考えてみる。

面白い事、もの、が好き。

人は、感情でモノを買う。

精神的豊かさ。物質的豊かさ。どちらが良いか?

 

文章は、声に出しながら書くと、間違いも少なくなり、声を出す訓練にもなる。話をする力もつく。

 

圧倒的に強くなければ、勝負はしない。

成功イメージを鮮明に描く事。

世界は変えられる。

今、素直にやりたいことリスト~

・農業~自分で野菜を育てる
・月収100万円
・月収1億円
・FJクルーザーに乗る
・ランドクルーザーに乗る
・ゲレンデヴァーゲンに乗る
・山に住む
・家族を養う
・親族を引っ張る
・両親に毎月お小遣いをあげる。10万円。
・柔術をやる。
・キックボクシングをやる
・アフィリエイトで基盤を作る
・特別な地区を作る
・日本を自転車で縦断する
・温泉を巡る旅に出る
・子供を3人作る
・土間ある家に住む
・透明な小屋を建てる。洗濯物を干す為。
・アウトドアスペースがある
・犬を飼う
・猫を飼う
・金魚を飼う
・鳥を飼う
・釣りをする
・友達を引き上げる
・PCに詳しくなる。プロレベル。
・プログラミングが出来るようになる
・ホームページを完璧に作れるようになる
・文章が上手に書ける。
・英語が話せる
・お洒落なおじさんになる
・みんなが幸せになれる美容室を出店する
・バスケットコートを作る
・色々なスポーツをする
・趣味で呑み屋を出す
・本の部屋を作る
・本を1日1冊読む
・政治の勉強をする
・経済学を学ぶ
・漢字の勉強をする
・字を上手に書けるようになる
・絵を描く
・サーフィンが上手に出来るようになる。修業に行く。

 

 

 

SEO~ピンポイントワードで上位検索

SEO~ニッチワードで、購入率の高いキーワードでブログ記事を書く!

 

仕事のやり方~記事 1つの仕事に飽きたら、違う仕事をする。使う脳を変えることにより効率良く仕事が出来る。勉強も同じ事が言える。

例えば、文章を書く仕事。飽きたら、HPを作る仕事。飽きたら、画像処理。飽きたら、新しい商品を探す。

など、全く違う仕事をする。ずっと同じ仕事を続けていたら必ず飽きてします。

体を使いながら、考える。