日本政策金融公庫に提出する【事業計画書】は1枚にまとめると良いみたいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

どうも~

 

オラティクです。

 

 

今日は、「日本政策金融公庫から創業融資を受ける際に必要になる事業計画書の作り方」について書いていきますね。

 

 

 

 

無計画な友人の起業

 

知人が、

 

「事業を始めたいんだけど~」

 

と言って私に相談しに来ました。

 

 

まあ、一応 事業を興したことは有りますので・・・。

 

 

と言っても失敗して借金だけ残ってしまいましたけどね。

 

もちろん、

 

もうその借金は全て返済しましたよ。

 

 

当時は、本当に辛かった・・・。

 

 

 

私は創業融資を日本政策金融公庫から受けました。

 

私は事業を興すときに、

 

日本政策金融公庫からお金を借りました。

 

 

その時に、

 

事業計画書を作ったんですね。

 

当時の事を思い出してみるのですが、

 

なぜ、ちゃんと事業計画書が出来上がったのか分かりません。

 

 

それぐらい必死だったのかなーと。

 

 

その事業計画書を国金に提出し、

 

面談を行い、

 

満額の融資が下りたんです。

 

 

 

我ながら、びっくりしましたよ。

 

 

面談が終わって、

 

2週間後に会社の通帳に物凄い額の金額が振り込まれましたからね~。

 

 

 

一応、そんな体験もしているので、

 

友人が事業計画書の書き方を習いに来たんです。

 

 

と言っても、

 

他人の起業に関してはそれほど興味も無く・・・。

 

 

ましてや、

 

他人の為に事業計画書を書こうなんて全く思わない訳で。

 

 

だって、すごく面倒くさいんですもん。

 

 

そもそも、

 

その友人はどんな事業を興そうとしているのか、

 

いまいちピンと来ないんです。

 

 

だから、困りましたよ。

 

 

 

そしてその友人とは軽く起業について語ってお引き取り願いました。

 

 

友人が帰ってから考えたんです。

 

 

もし、今から自分が何かの事業を興そうとするなら、

 

日本政策金融公庫からお金を借りる事になると思います。

 

 

そうなると事業計画書を書く必要があります。

 

まあどんな金融機関でお金を借りる事になるにしても、

 

事業計画書は必要ですからねー。

 

 

 

お金を借りる目的以外でも、

 

計画を立てるという事の重要性は重々承知しているつもりです。

 

 

 

 

事業計画書の書き方を学んでみた

 

そこで、事業計画書の書き方をもう一度学ぶ事にしたんです。

 

 

この先、絶対に必要になるので。

 

(ふふふ。近々、再起しますよ。)

 

 

そこで、

 

Amazonに行って、

 

事業計画書の書き方が分かる本を1冊購入しました。

 

 

この本です。

 

「事業計画書は1枚にまとめなさい」

 

Amazonレビューの評価も凄く良かったので。

 

そして、この本を選んだ最大のポイントは、

 

著者元日本政策金融公庫の融資担当者だという事です。

 

そんな人が書いた本なら間違いありませんよね~。

 

 

と思って、速攻で注文。

 

 

で、届きました。

 

 

すぐに読み始めて1日で読み終えました。

 

 

何とも興味深い内容の事ばかり。

 

 

融資担当者の気持ちを考えれば、

 

「なるほどな~。」

 

と思える事ばかりです。

 

 

この本に書いてある通りに事業計画書を作るとするなら、

 

確かに1枚の紙にまとめる事が出来ると思います。

 

 

その事業計画書は、

 

融資目的だけではなく、

 

経営計画にも凄く役立つと思いますね~。

 

 

自分の頭の中にあるまとまっていない事が、

 

事業計画書を作る事により、

 

すっきりとまとまります。

 

 

今度 事業計画書を作る時は、

 

必ず1枚の紙にまとめて作る事にしました。

 

 

 

これだと、

 

自分も、

 

融資担当者も、

 

得しますからね~。

 

 

で、近々 また起業します。

 

 

 

 

 

 


 

 

人気の記事

 

・勝てる僕のFX手法を公開します

 

・UQモバイルの実店舗は無いからネットで契約しよう~。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*