「自分で商売・ビジネスを始めたいけど、何をするのがおすすめですか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

どうも~

 

今日は晴れてご機嫌な オラティク です。

 

 

本日は、「自分で商売を始めるなら?」という事をテーマに書いていきますねー。

 

 

 

儲かる商売を始める!

 

今から、自分で商売・ビジネスを始めるなら絶対に儲かる商売を始める事をお勧めします。

 

当たり前と言えば、

 

当たり前なのですが、

 

それが分かっていない人って結構 多いんですよー。

 

 

 

 

いくら自分が好きだからと言って、

 

儲からない商売を始めてはダメですよー。

 

 

そんな事をしたら、

 

一瞬で商売はダメになり、

 

借金だけ残っちゃいますからね。

 

 

 

例えば・・・

 

ほら~、

 

最近できた、

 

近所にあるこだわりの料理店を見てみて下さい。

 

 

店主がこだわり過ぎているお店って、

 

大概、お客さんが入っていませんよね?

 

いつも暇そうにしている訳で・・・

 

 

 

ま~、

 

料金がめっちゃ安ければ入るんですが、

 

そんなんじゃ~、

 

利益なんて出ませんからねー。

 

 

 

飲食店は基本的に儲からないのですが、

 

もしやるなら、

 

儲かる飲食店をしましょうね。

 

 

 

こだわりは捨てたほうが良いですよ。

 

 

どんなにこだわっても、

 

お客さんが来なければ、

 

商売は成り立ちませんので。

 

 

 

そもそも店主のこだわりなんて、

 

お客さんにしてみれば、

 

無意味。

 

 

というか、

 

それを伝えるのも大変ですしね。

 

 

 

 

 

いかにも儲からない商売の例

 

私の家の近くに良い例がありましたので紹介します。

 

 

 

最近、

 

私の家の近くに北海道料理+ジンギスカン+カフェを兼ねたお店が出来ました。

 

 

そこは個人店です。

 

このお店、

 

流行ると思いますか?

 

 

 

はい。

 

流行るわけないんです。

 

 

オープンして1か月も経っていないのですが、

 

いつ見ても閑古鳥が鳴いています。

 

 

ジンギスカン、

 

カフェ、

 

北海道料理、

 

う~ん。

 

 

ざっくりとしていますねー。

 

 

お客さんは何を目的にそのお店に行けば良いのか分からない。

 

 

 

飲食店は、よっぽどのことじゃなきゃ無理です。

 

 

 

 

 

 

それでも飲食店をしたければ専門店に!

 

「飲食店しか自分には出来ない!」

 

というなら、

 

専門店にして下さい。

 

 

品数は最小限に抑えて下さい。

 

 

1品でも良いくらいです。

 

 

その料理だけは他のお店には絶対に負けない!というような料理があれば成功するかもしれませんので。

 

 

 

 

また、

 

品数を絞る事により、

 

手間、

 

材料費、

 

を極限まで下げる事ができますのでね~。

 

 

 

 

 

商売は借金をして始める

 

商売は、

 

借金をして始めましょうって事です。

 

無理に自己資金だけでやってはダメですよ。

 

 

 

ある程度の余裕も必要ですし、

 

いざというときに、

 

お金を貸してくれるところも必要です。

 

 

その為にも信用を作っておく必要があるんです。

 

 

まあ、銀行はあてにならないので、

 

とりあえず国が運営している、

 

日本政策金融公庫から借りるのが一般的でしょう。

 

 

 

お金の借り方は1冊の本を読めば分かります。

 

おすすめの本はこれです。

 

↓↓↓

 

事業計画書は1枚にまとめなさい―――公庫の元融資課長が教える開業資金らくらく攻略法

 

 

銀行は新規創業者にはお金は貸してくれませんからね~。

 

 

また、借金がある事により税金を低く抑える事も出来ますしね。

 

 

無借金経営が良いという人もいますが、

 

う~ん、どうなんでしょう~って思います。

 

 

 

 

 

 

 

従業員は雇う?

 

最初から、

 

従業員を雇うのは賛成できませんねー。

 

 

気持ちは分かるんですよ。

 

他人を雇って商売をするほうが、

 

それっぽい感じがするので。

 

 

でも、

 

人はそこに居るだけでお金が掛かるんです。

 

 

売上が上がっていなくても、

 

人件費は必要になるんです。

 

 

 

まずは、自分ひとり、もしくは家族(給料を支払わなくてもOKな人)と一緒に始める事をおすすめします。

 

ちゃんと売上が上がってから、

 

人を雇うほうが得策です。

 

 

 

本当に人件費は経営を圧迫しますからねー。

 

 

売上高=原価(変動費)+粗利益(人件費+固定費+利益)

 

 

 

 

 

税金が怖い?

 

税金は確かに怖いですよー。

 

でも、大丈夫です。

 

 

最初からそんなに大儲けする事もないので。

 

税金は基本的に利益に対して掛かるので、

 

最初からそれほど心配する必要はありませんよ。

 

 

 

税金の事はざっくりと勉強しておけばOKです。

 

あとは、税理士に任せておきましょう。

 

自分は商売に集中する!

 

 

これが重要です。

 

>>近所のデキる税理士を探してみる

 

 

 

 

税金の事を1から勉強するなんて、

 

時間の無駄です。

 

 

そんな事よりも、

 

売上を上げて、

 

利益を上げる事を考えたほうがよっぽど生産的です。

 

 

 

節税に関しては、→【絶対節税の裏技77】を参考にして下さい。

 

 

 

 

やるならこの商売!

 

私がおすすめするのは、

 

やっぱりネットショップ運営ですね。

 

 

なぜか?

 

 

それは、

 

とにかく始める為にお金が掛からないからです。

 

 

家賃も光熱費も必要ありませんからね。

 

 

飲食店の様に腐る物を扱う訳でもないので、

 

とにかく管理も楽です。

 

 

今更、

 

飲食店を始めてもそれこそイチかバチかの賭けになっちゃいますからねー。

 

■関連記事 ネットショップ運営は、副業にも最適ですよ~。

 

 

 

そして、

 

ネットショップ運営なら、

 

日本全国どこに住んでいても始められて、

 

それでいて、

 

お客さんは全国規模ですからね。

 

 

店舗を構えて商売を始めても、

 

所詮、

 

商圏なんて半径500メートル程度ですからね。

 

 

お客さんの数も少ないですからねー。

 

 

ネットショップで扱う商品を仕入れる方法は、

 

こちらの記事に書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

人気の記事

 

・僕の住みたい家を想像してみた。ログハウスは絶対!

 

・加圧式ダイエットTシャツを着てダイエット中です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*