田舎でビジネスを始めるのが面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今はやっぱり田舎のほうが面白い。

 

ビジネスもね。

 

お金を掛けずにちゃんと成り立つビジネスを始められる訳ですよー。

 

お役所と話し合い、

 

上手くいけば補助金まで貰えちゃったりね。

 

 

そして、

皆に感謝されちゃう。

 

う~ん。

 

いいね~。

 

やっぱり、いまからビジネスを始めるなら田舎ですな~。

 

 

あああ、でも、

 

そのビジネスにもよりますね。

 

上手くいくか、失敗するかは。

 

 

もちろん、そのビジネスオーナーのやり方も重要ですがね。

 

 

例えば、

 

田舎の景色は最高だけど、

 

全然人が来ないような場所に、

 

ちょっとした食べ物屋さん、カフェを立てるわけですよー。

 

食べ物は、

 

気軽に食べられるモノがいいですよー。

 

以下のようなモノがいいかな~。

 

MENU

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ジュース類
  • お茶
  • かき氷
  • お酒類
  • たこ焼き
  • 焼きそば
  • お好み焼き
  • ピザ
  • クレープ
  • ソフトクリーム
  • 大判焼き

こんな感じです。

 

基本的に腐りにくいモノですね。

 

あと、保存が効くもの。

 

粉ものは良いですよー。

 

 

そして、食材の質にこだわる必要はそれ程ありません。

 

この様なお店の場合。

 

こだわると、材料費が高くなるので。

 

材料費が高くなると、

売値も高くなっちゃいますからね~。

 

この様な場所で商売をする場合、

お客さんからして、

「安いな~」って思って貰えるぐらいで売るのが鉄則です。

 

 

ほら~

観光地価格ってあるじゃないですかー。

 

あれっていかがなモノかなって思う訳ですよ。

 

もちろん、多少高くても買う人はいるでしょうが、

そうじゃない人のほうが多いんです。

リピーターにもなりませんからね~。

 

ちょっとお得感があれば、気軽に

「あ!あそこに行こう~。」

ってなるんですよ。

 

 

でも値段が高かったら、

「あそこ行くと、高くつくから止めておこう。」

ってなりがち。

 

絶対じゃないですけどね。

 

お客さんとしては、

気軽にドライブ気分でやってきて、

お得に美味しく食べられれば満足してくれます。

(田舎は完全車社会ですからね~。みんな持っていますよ。軽自動車を。)

 

 

提供する料理にこだわる必要はありません。

この様な場所にフラッと来るお客さんは、

こだわった複雑な料理や食べ物を求めていません。

 

先ほども言いましたが、

食べ物の原材料にもこだわる必要はありません。

 

そんな事はお客さんは求めていませんからね~。

 

安くてそこそこ美味しいモノで良いんです。

 

素晴らしい景色を見ながら、

外で食べられれば何でも美味しんですよ。

 

 

上記の食べ物だと、

誰が作ってもそこそこ美味しく作れますよね。

 

それで良いんです。

 

人を雇う場合もそのほうが楽なんです。

 

もちろん、土地代も安い。

土地を借りるにしても安い。

 

田舎には、いい場所だけどお客さんが全く来ない場所って腐る程ありますからね~。

 

昔は、この様な場所にお店を出したら宣伝をしなければいけませんでした。

 

それも高いお金を支払って宣伝しなきゃいけなかったんですよね~。

 

で、結局 定着する前に運転資金が尽きて終了。

 

 

でも今は~、

SNS、ブログ、HP、があります。

 

話題になれば、SNSで一気に拡散されます。

 

あっという間に口コミになり、

お客さんがやってきますよー。

 

 

都会じゃライバルが多すぎるの難しいですが、

田舎はまだまだライバル不在です。

 

いけますよー。

 

 

ちょっと計算してみましょう。

 

 

平日 客単価300円×平均100人=30000円

土日祝日 客単価350×300人=105,000円

 

月に5日間の休業日があるとして。

 

平日30000円×17日=51万円

土日祝日105,000円×8日=84万円

 

合計135万円

 

これだけの売上が上がります。

 

家賃を支払うとして、5万円。(こんなに支払う必要は無いと思いますけどね。)

材料費は、30%として、40.5万円。(もっと低く抑えられます。)

光熱費は5万円。

その他諸々 3万円。

 

経費合計 53万5千です。

 

人件費はとりあえず0円。

 

自分で働くからです。

 

利益は、81.5万円 になります。

 

 

どうでしょうか?

 

余裕ですよね。

 

田舎はとにかく家賃が掛からないから、

多少上手くいかなくてもやっていけます。

 

これは本当ですよー。

 

東京をはじめとする都市部では、

家賃が高いので、

ちょっとでも売上が下がると、

苦しくなるわけですよー。

 

特に個人店の場合。

 

 

 

で~、

この様なビジネスを始める場合、注意する事があります。

 

それは、

料理、内装、見た目、にこだわり過ぎないという事です。

初期費用は出来るだけ、かけない!

 

 

いい意味で適当にやれば良いんです。

 

ガチガチに商売っ気を出さないほうが良いですよ。

 

 

そして、

 

「適当な、そこそこ美味しい食べ物屋さん」的な感じで宣伝するんです。

 

ハードルは、下げる。

 

これは鉄則です。

 

美味しいお店、接客が素晴らしい、サービスが最高、的な感じでやってしまうと、

後々大変になります。

 

とにかく最初からハードルは低く設定する事が大切ですよ。

 

そのほうが、お客さんの満足度も高くなりますからね。

 

なぜなら、元々ハードルが低いからです。

 

 

また、別に周りにライバルがいないので頑張る必要なんてありませんからね。

 

田舎では適当に、上手くするのがビジネスを成功させる秘訣です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*