もしカフェを開業するなら?って考えてみた

 

今の時代、飲食は本当に厳しいと思います。

 

コロナの影響が収まってからもしばらくは厳しい感じですね・・・。

 

 

そんな中、もし、自分がカフェを開業するなら?ってことを考えてみました。

 

 

ターゲットは?

 

難しい。

 

まずは顧客の創造です。

 

どの客層も難しいのかなー?

 

老人は良いんだけど、あまり出歩かないし。

 

若者はお金を持っていないし。

 

中間層は?

 

カフェに行く時間が無いくらい忙しく働いているし。

 

そもそも男性?女性?

 

いや〜、難しい。

 

 

でも、決めていきます。

 

 

ターゲットは、

 

・男性客

 

・10代〜40代

 

・夕方は学生

 

・朝はフリーランサー

 

・昼はサラリーマン、営業職

 

こんな感じでイメージします。

 

 

 

カフェのメニュー

 

メニューは、

 

・コーヒー

 

・甘いコーヒー

 

・コーヒー系のジュース

 

・お茶

 

・チョコレート

 

・ちょっとしたお菓子

 

手の込んだ商品は置かない。

 

メニューもシンプルに。

 

 

コンセプト

 

気軽に立ち寄れる喫茶店を目指します。

 

ネット環境も整えますよー。

 

一人席を多く用意。

 

程よい雑音。

 

音楽は耳に残らないもの。

 

コーヒーの味では勝負しない。あくまでも雰囲気。ほっとできる場所。

 

 

 

お金のこと

 

1店舗につき毎月20万円の利益。

 

家賃は6万円以下。

 

スタッフは2人の交代制。

 

スタッフの仕事はできるだけ簡単にする。

 

材料費は月間10万円以下に抑える。

 

光熱費は月間5万円。

 

人件費は月間36万円。

 

月間売上は77万円を目標に。

 

年中無休 月間30日営業。

 

営業時間は9時〜18時。

 

1日の平均売上26000円。

 

平均客単価は450円。

 

1日客数58人。

 

1時間あたり6.4人。

 

 

 

集客方法

 

集客は、

 

・SNS

 

・看板

 

・ローカルテレビ局に取材してもらう

 

・くちこみ

 

 

 

 

どうすればお客さんで溢れるカフェが作れるか?

 

お店で大切なこと。

 

・それは居心地の良さ。

 

・入りやすさ。

 

・快適さ。

 

 

お金の事はとりあえず四番目以下。

 

 

こだわり

 

お店のこだわりとしては、こだわらないって事。

 

コーヒーの味やスイーツの味にはこだわらない事が大切だと思う訳です。

 

結局、味なんて大して大切ではない。

 

 

お客さんは、カフェに味云々よりも居心地を求めている。特に男性客は。

 

だからメニューにこだわらないって事がこだわりです。

 

 

そうすれば他店舗展開も可能。

 

同じクオリティーのお店を沢山作る事ができる。

 

ハードルを上げると、やりにくくなりますからねー。

 

 

目標は、100店舗!!

 

 

 

 

まとめ

 

もし、私が今の時代にカフェを開業するなら?って事で考えてみました。

 

結構現実的だと思うのですが。

 

 

あ!

 

家賃はとにかく安い物件を!

 

それでいて路面店。

 

そこそこ人が歩いている場所。

 

 

なので、田舎での出店になります。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です