ビジネスで成功し、儲けたければ市場規模を意識する必要がある

 

税引き後の手取り1200万円/1年間はわりと簡単

 

ある程度のレベルでの成功は簡単だ。

 

例えば、年間での手取り1200万円程度。

 

給料として貰うなら大変だが、自分で事業を興してやるなら簡単。簡単。簡単。

 

 

利益が月間で100万円残れば良いだけの話。

 

税金の問題はここでは置いておくとしてね。

 

なので、税引き後に残る利益が月間100万円って事にしよう。

 

 

 

最も需要があるサービス、商品に絞る

 

例えば、美容室経営。

 

その中でもヘアカラー専門店。

 

その中でも白髪染め専門店。

 

白髪染めに特化した店。

 

白髪染めは、美容室市場の中で一番市場規模が大きい。

 

若者向けのヘアカラーは、結局、儲からない。

 

なので、一番、市場規模が大きい白髪染め市場にフォーカスした美容室を作る。

 

月間利益が20万円残るお店を5店舗作るだけで月間での手取り100万円。

 

年間での手取り1200万円が達成できる。

 

 

店舗数を減らしたければ、月間利益50万円のお店を2店舗作るというパターンもあり。

 

どちらかは、時と場合によるね。

 

 

需要があるメニュー専門店

 

飲食店でも同じような感じでやればOK.

 

 

う〜んと、例えば・・・

 

カレー屋さん。

 

カレー専門店。

 

 

カレーは人気があるからね。

 

ちゃんと美味しく作れば絶対に流行る料理なので。

 

 

また、保存もきくし、腐れにくい。

 

冷凍も可能。

 

料理の提供も早い。

 

トッピングで単価UPも可能。

 

一緒にドリンクも売りやすい。

 

狭いスペースでも提供できる。

 

テイクアウトも可能。

 

カレー屋さんは、本当に最高の飲食店になる。

 

カレーは本店で一気に作って、支店で提供する。

 

1日に5万円の売り上げがある店舗を3店舗作る。

 

ということは、1日に15万円の売上。

 

人件費、材料費、経費諸々、差し引いて4万円残ればOK.

 

利益率26%ってことになる。

 

30日の営業で、利益120万円。

 

簡単そうじゃないですか?

 

やれそうな気がしませんか?

 

 

でも、これが居酒屋さんだったらどうでしょうか?

 

今は無理そうな気がしませんか?

 

普通に考えて。

 

コロナ禍だし。

 

 

 

結局ですね、そこに市場があればビジネスが成り立つんです。

 

美容室の白髪染め専門店にしても、カレー屋にしても、ある程度の市場があるんです。

 

 

市場ありきでビジネスを考えたほうが成功確率がグッと上がります。

 

逆に市場規模を無視して、自分で全く新しいことをしようとすると大概、失敗します。

 

まあ、当たれば大きく儲けることができますが確率は低いですね。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です