手根管症候群を自分で治す方法

 

最高に辛い!手根管症候群

 

手根管症候群になりました。

 

パソコンのタイピングが原因。

 

両手ともかなり深刻な状況になりました。

 

最初は、自分で治そうと色々と努力しました。

 

マッサージしてみたり、

 

バターナイフで擦ってみたり、

 

電気を流してみたり、

 

筋肉注射を打ってみたり。

 

 

 

どれも効き目無し。

 

 

まあ、私の場合は状態が相当酷かったので仕方ないですね。

 

 

両手が常に痺れている状況でしたので。

 

 

本当に痛かった。

 

辛かった。

 

車の運転すら危うかった。

 

手が痺れているのでハンドルを持つ手も痛かったんです。

 

 

結局、手術を受けました。

 

結局、大きな病院に行って精密検査を受けました。

 

 

診断結果としては、手術しかないと・・・。

 

 

 

まあ、そうでしょうね。

 

自分で手根管症候群を治そうと色々調べて、色々やってみたけど全く効き目無し。

 

 

じゃあ、手術しかないですよね。って事になりますよね・・・。

 

 

本当は、手術をしたくなかった。

 

 

けど、仕方ない。

 

怖いしね。

 

 

手術のために入院

 

手根間症候群の手術の為に、2週間の入院。

 

 

手術は、入院2日目に行われた。

 

 

全身麻酔を打って、そのまま眠りに。

 

起きたら手術が終わっていた。

 

手根菅がある部分を開放して、圧迫を取ったらしい。

 

 

手術後すぐは、とても手を動かせる状況ではなかった。

 

だが、すぐに厳しいリハビリが始まった。

 

リハビリをしなければ、癒着が起こって手が硬くなるそうな。

 

 

 

最初は軽いマッサージ。

 

徐々にリハビリの難易度を上げていく。

 

最初のうちは、箸を持つのもかなり大変だった。

 

 

 

〜2週間後。

 

 

どうにか退院。

 

手の状態は完璧ではないが、手術前に比べるとだいぶ良い感じ。

 

 

痺れは無い。

 

ジンジンする感覚も無い。

 

 

かなり良い感じ。

 

いや〜、もっと早く手術を受けておけば良かったよ〜って思いましたね。こんなに楽になるんだったら。

 

 

 

リハビリ、凄く大事!!!!

 

ちなみに、毎日リハビリはしています。自分で。

 

リハビリをしなければ、硬くなっちゃいますからね〜。

 

 

病院の先生にも、「自分でリハビリをして下さい。」と言われましたからね〜。

 

 

 

アドバイス

 

今現在、手根管症候群で悩んでいる方へ。

 

軽い症状のうちにちゃんとケアをしておけば自分で治す事は可能です。

 

 

重い症状の方は、早めの手術をお勧めします。

 

結局、私も手術を受けなければ快方に向かいませんでしたからね〜。

 

手術も悪く無いですよ。病院選びは重要ですけどね。

 

 

 

ちなみに、手根管症候群になってから握力が5kgになりました。

 

簡単に言えば、物を掴む事ができないレベルって事です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です