唐揚げ屋のフランチャイズも情報商材屋も同じ

 

なぜ、情報商材が詐欺と言われるのか?

 

理由は、ほとんどの場合、購入者の役に立っていないから。

 

情報商材屋は、デジタルコンテンツを売るだけ売って、あとはそのまま放置。

 

売り逃げってやつ。

 

で、言い訳。

 

買う方が悪い。

 

ちゃんとノウハウ通りにやらないからダメ。

 

もっと違う商材を勧める。

 

結局、情報商材は役に立たないんですよ。

 

 

煽り動画のせいで、皆、成功できるように錯覚させる技術は素晴らしいですけどね。

 

 

まあ、あれもテンプレートのような物があるので、その通りに作っているだけなのですが。

 

 

で、結局、一時期はビジネスとして流行りましたが今は壊滅状態。

 

 

誰が情報商材なんて買うんですか?ってことに。

 

一時期大流行したnoteも同じ。

 

今は誰も買わないでしょう。

 

黎明期はかなりの額を売った人もいたみたいですが。

 

 

 

自分でやるなら人の為になるビジネス

 

とにかく人の為になることを考えるんです。

 

ビジネスに繋げる方法は後で考えましょう。ビジネスに繋げる方法は、アイデア次第です。

 

まずは人に喜んでもらう事。助ける事。役に立つ事。

 

ちゃんとビジネスをするならこれらの事を忘れてはダメです。

 

 

「自分だけ儲かれば良い」というスタンスのビジネスは、これから絶対に流行りません。

 

 

例えば、今流行りの唐揚げ屋さん。

 

増えていますよねー。

 

あれって、すぐに無くなりますよ。

 

 

だって、誰の役に立っていますか?

 

 

まあ唐揚げ好きの人には嬉しい事でしょうが。

 

 

あれは、フランチャイズを運営している会社が儲かるだけの話です。⇦アクドイです。儲からない事は知っているはずです。自分たちには、確実にお金が入ってきますからね。

 

フランチャイジーは儲からない。どう計算しても儲かりません。低資金で始められると言われて、騙されているんです。

 

1年後にはほとんどの唐揚げ屋さんが無くなっていますよ。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です