田舎の廃校をリノベーションして活用しても結局、たいして需要ないでしょ?

今日テレビで、廃校になった校舎をリノベーションして、アート活動に使っているという特集をみた。

 

廃校の教室内は、おしゃれな感じにリノベーションされており確かにいい感じだな〜と感じた。

 

しかし、そこからどれほどのお金が生まれるのだろうか?

 

何の需要があるのか?

 

都会ならまだしも、田舎の廃校。

 

 

廃校になったと言う事は、人が少なくなったと言う事。

 

若い人がいないと言う事。

 

 

アート活動・・・。

 

カフェ・・・。

 

手作り製品の販売・・・。

 

一体、需要があるのだろうか?

 

 

見た目は良いが、結局 需要がなければ全く意味が無い訳で。

 

 

 

まあ最近の流行りではあるけど。

 

廃校をリノベーションして活用するのって。

 

 

でも、素人が頑張っても無理な様な気がします。

 

 

よっぽど有名人がプロデュースして、宣伝して、需要がある商売じゃなきゃすぐに衰退すると思いますよ。

 

 

もし私が廃校をリノベーションするなら、アーティストや製作者を呼び込んだりはしません。

 

普通に事務所として賃貸します。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です