美容師の理想的な働き方を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



 

 

 

美容師は貧乏って本当?

 

美容師って、なんとなく貧乏ってイメージが付いていますよね。

 

 

でも〜、イメージじゃなくて事実だったりします。

 

世の中のほとんどの美容師って年収300万円以下。

 

 

そりゃ〜そうですよね。

 

 

売上が上がらないんですから。

 

 

 

個人の努力不足ってのもありますが、

 

やっぱりライバルが多すぎるんです。

 

 

 

お客さんからしてみたら良いのでしょうがね。

 

だって美容師、美容室、が競争してくれるほうがサービスや技術の向上に繋がりますからね。

 

 

 

 

でも働いている美容師側からしてみたら、

 

本当にしんどいんです。

 

 

 

客数こなして、

 

丁寧に接客して、

 

失敗しないように技術を提供して、

 

気を使いまくって、

 

でも、薄給。

 

 

 

そりゃ〜美容師の離職率も高くなりますわ〜。

 




 

で、実現できるかどうかわかりませんが美容師にとって最高の職場環境ってどんなもんなのか?ってことを考えてみたんです。

 

 

 

ば〜っと上げていきますね。

 

 

あくまでも理想ですよ。

 

 

 

 

理想の美容師的 労働

 

・年収1200万円

 

・労働時間 8時間

 

・美容師一人が担当する1日あたりの客数は最高でも5人

 

・社会保険加入

 

・退職金制度がある

 

・有給休暇が年間20日

 

・交通費は全額支給

 

・不要なミーティングは無し

 

・朝礼、終礼、は無し

 

・時間通りに帰れるように受付時間を守る

 

・病気、怪我、で快く休ませてくれる

 

・アシスタント制度の廃止

 

・受付、電話対応、は美容師がやらない

 

・お客さんからの無理な要望を断ることができる。

 

・儲かった場合、ボーナスが支給される。(あくまでも儲かった場合のみ)

 

・美容師一人一人が独立しており、無駄な先輩後輩関係がない

 

 

 

 

みたいな感じですかね〜。

 

 

これはあくまでも私の考えですが。

 

 

 

美容師は、美容業に集中でき、

 

それでいて年収1000万円以上。

 

 

 

なかなか難しいと思いますがね。

 

 

 

 

客単価を高くすればできる!

 

実現させるためには客単価が高い必要があります。

 

 

仮に客単価2万円で、1日に5人担当したとすれば、

 

1日の売上は10万円になります。

 

 

 

月間、20日働いたとして売上は200万円。

 

 

経費として100万円引きます。

 

 

残りの100万円が給料だとしたら、

 

年収1200万円になります。

 

 

 

ふむふむ。

 

 

 

月間100万円の月収なら、美容師は最高の職業になりそうですね。

 

 

 

 

美容室業界の現実

 

しかし、今の美容業界の現状としては・・・

 

 

 

年々客単価は下がり、

 

競争が熾烈になり、

 

美容師は疲弊し、

 

最悪のサービスしか提供できない状態のお店ばかり。

 

 

 

 

客単価2万円か〜

 

 

 

今の時代、かなり厳しいですね。

 

 

もちろん美容室を出店する立地も大事になってきますね。

 

 

月360万円稼ぐ美容師が実践した77の方法

 




 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*