田舎の人を相手に商売をやってはいけません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

移住して、

 

田舎で商売を始めよう〜とお考えの方!

 

 

ちょっと待って下さい。

 

 

 

田舎で商売を始めるのは待って下さい。

 

 

 

都会で商売をやるのとでは難易度が桁違いに上がりますよ。

 

 

田舎での商売は本当に難しい。

 

 

 

 

そもそも人口が少ないので難しいんです。

 

 

さらに田舎は紹介が主な集客方法になります。

 

 

広告を打ったからといってお客さんが来てくれることはありません。

 

 

まあいい商売だとしても認知されるまでに時間がかかります。

 

 

 

田舎で商売を始めて、

 

良い事といえば、

 

家賃が安い事くらいでしょう。

 

 

 

 

もし田舎に移住して商売を始めようと思うなら、

 

外の人間を相手に商売をする事が良いでしょう。

 

 

 

内需は難しいです。

 

 

外需です。

 

 

田舎にいながらにして、

 

都会の人を相手に商売をするのです。

 

 

 

そのため、

 

インターネットの知識は不可欠になりますけどね。

 

 

 

だって、縁もゆかりもない移住先の田舎で料理屋さんを始めても上手くいく訳がありませんからね。

 

上手くいくのは、Iターン者か、元々地元で親が商売をしている子供くらいです。

 

 

 

田舎でカフェでも経営したいという気持ちは分かりますが、

 

どう計算しても難しいでしょ?

 

 

 

もし田舎に移住して自分で商売を始めるなら、

 

インターネットを使って、

 

外部の人間をお客さんにしましょう。

 

 

 

外需です。

 

日本内での輸出みないなモノです。

 

 

田舎での内需は所詮 しれていますので・・・

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*