物々交換しかない場合の貧富の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



 

 

お金という考え方がない

 

 

 

世の中が物々交換で成り立っていると仮定しよう。

 

 

世の中から、

 

お金という考え方が無いって事。

 

 

この様な場合、

 

どの様な人が富裕層と呼ばれるでしょうか?

 

(細かい設定はなしとしますよ〜。)

 

・人間が生きていく上で有益な知識を与える事ができる人

・土地を持っている人

・食料となる家畜を沢山飼っている人

・食料となる野菜、果物を沢山作っている人

・他の人が出来ない技術を持っている人

・多くの人を集める事ができる人

 

などなど。

 

ざっくり言えば、上記の様な人って、

 

相手に何か価値を与えられる事ができる人って事になります。

 

 

逆を言えば、

 

誰にも、

 

何の価値も与える事が出来ない人は裕福にはなれないって事ですね。

 

 

 

 

 

 

お金=価値の提供

 

「お金=価値の提供×価値を必要としている人数」

 

と考えてみましょう。

 

 

そうすれば、

 

なぜお金持ちがお金持ちになれるかわかるよ。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*