ブロックチェーンについて簡単にまとめてみた

ブロックチェーンについて簡単にまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブロックチェーンを一言で

 

まあ、ブロックチェーンを簡単に言うと、

 

「これまでの取引記録をぜ~んぶ、バーッと記録したもの」

 

って事です。

 

 

簡単ですよね。

 

 

「これまでの取引記録をぜ~んぶ、バーッと記録したもの」ですよ。

 

これだけ知っていれば、

 

話についていくことが出来ます。

 

 

 

大丈夫です。

 

 

ふふふ。

 

 

 

例えば、

 

ビットコインのブロックチェーンとは?

 

 

はい。

 

簡単ですよね。

 

 

今までのビットコインの取引記録がぜ~んぶ記録されているものって事です。

 

 

 

ちょっと深堀り

 

ここではビットコインを例に話していきますね。

 

で、ず~っとビットコインを取引していたら、

 

膨大な量の取引記録になってしまいます。

 

 

なんと言っても世界中で取引されているという事ですからね。

 

 

なので、

 

ビットコインの取引記録を、

 

とりあえず10分毎に区切って1つのブロックにします。

 

 

 

10分毎に区切って1つのブロックにするんですよ~。

 

 

この10分毎っていうのがミソなんですけどね。

 

(この区切る間隔が短いほど取引に掛かるスピードが早くなるんです。例えばXEMは1分毎に区切るので決済スピードが早いんです。※ブロック生成間隔)

 

 

そして、そのブロックを繋げていったものがブロックチェーンという事になります。

 

 

今までの取引記録がぜ~んぶ繋がっているんです。

 

 

 

 

トランザクション

 

更に深堀り。

 

で、その取引記録の事をトランザクションと言うんですね。

 

 

例えば、

 

「太郎さんから、花子さんへ、1BTCを移動しました。」

 

っていうのが取引記録、すなわちトランザクションになります。

 

 

 

 

移動

 

考え方としては、

 

送金、支払い、出金、すべてビットコインの移動という事です。

 

 

 

この「移動」という考え方は凄く重要ですよ。

 

 

現金の様に、

 

どこに行ったが分からなくなるような事が絶対にないんです。

 

 

何と言っても仮想通貨ですからね~。

 

 

仮想の空間を移動している感じって事です。

 

 

 

 

 

全て記録されるので脱税が出来ない

 

ブロックチェーンの技術を使えば、

 

どこにビットコインがあるか取引記録(トランザクション)に記録されます。

 

なので、

 

現金の様にタンスの中に隠しておく事が出来ません。

 

という事は?

 

はい。

 

脱税が出来ないという事です。

 

 

その為、

 

これからは一般社会でもブロックチェーン技術は、

 

普通に使われる技術になってきます。

 

 

 

暗号化

 

更に深堀り!

 

取引記録(トランザクション)は、

 

ハッシュ関数というもので、

 

暗号化されます。

 

 

 

そのハッシュ関数で暗号化された取引記録(トランザクション)は、

 

2度と元の状態に戻す事が出来ません。

 

 

 

例えば、

 

「太郎さんから、花子さんへ、1BTCを移動しました。」

 

という取引記録(トランザクション)をハッシュ関数で暗号されると、

 

こんな感じになります。

 

 

jojijwfekoe0943jijfw09r0jfw9029jdfojoiw938ur092u(←適当です。)

 

このランダムな文字列が暗号という事になりますね。

(この暗号化された文字列をハッシュ値と言います)

 

 

で、この暗号化された文字列は元の、

 

「太郎さんから、花子さんへ、1BTCを移動しました。」

 

という意味の分かる文章に再び変換する事が出来ないんです。

 

 

その為、取引記録の改ざんが出来ないという事ですね。

 

 

これがセキュリティーの面でブロックチェーンが優れている点なんです。

 

改ざんが出来ないので、

 

不正が出来ないということになります。

 

 

悪い事が出来ないんですよ~。

 

 

 

ちょっとまとめます。

 

 

ブロックチェーンとは、

 

取引記録(トランザクション)をハッシュ関数を使って暗号化し、

 

それを10分毎にまとめて1つのブロックにし、

 

それをチェーンの様に繋げてものという事です。

 

 

 

 

 

ブロックチェーンの特徴

 

更に深掘り。

 

ブロックチェーンには特徴があって、

 

それは、

 

同じブロックチェーンの情報を世界中の人が共有しているという事です。

 

 

 

皆が同じ情報を共有しているので、

 

これまた不正が出来ないという事なんです。

 

 

たとえば、ブロックチェーンを銀行の預金通帳とします。

 

その預金通帳の情報を世界中の人が共有しています。

 

 

で、悪い人がいます。

 

その悪い人はバレない様に通帳からお金を抜いて、

 

不正を働こうとします。

 

 

 

でも、

 

通帳は世界中の人が同じ物を持っているんです。

 

 

悪い人はバレない様に、

 

その世界中の人の通帳を改ざんしなければいけないんです。

 

 

といっても、

 

そんな事は不可能ですよね。

 

 

自分の通帳だけを改ざんするのは可能かもしれませんが、

 

世界中の人の通帳を改ざんするのは無理無理。

 

 

物凄い量の情報量を書き換えなきゃいけないという事ですから~。

 

現実的ではありません。

 

 

そんなこんなで、

 

悪事を働こうとしても、

 

すぐに悪事はバレてしまいます。

 

 

 

更に言うと、

 

改ざん自体も不可能なんですよ。

 

 

 

先程も言ったように、

 

ハッシュ関数を使って暗号化された取引記録(ハッシュ関数)は、

 

2度と元には戻せないんです。

 

 

 

なので、

 

そもそもですが改ざん自体出来ないんです。

 

 

 

仮に改ざんを試みたとします。

 

 

1つのブロックを閉じるとカギが生成されます。

 

そのカギは、ブロックの中のハッシュ値で決まります。

 

 

 

さらにそのカギは、

 

前のブロックのハッシュ値の影響を受けます。

 

 

なので、

 

ブロックの中の取引記録のハッシュ値が変わると、

 

ブロック全体のハッシュ値が変わります。

 

 

更にブロックを閉じるカギのハッシュ値も変わります。

 

 

更にさらに、

 

それ以降に繋がっていたブロックのカギのハッシュ値も違ってきます。

 

もちろん、

 

その中にある取引記録(トランザクション)のハッシュ値も変わってきます。

 

 

 

もう、訳わかりません!

 

 

物凄い量の情報量を書き換えないといけないんです。

 

 

 

もう、無理・・・って事です。

 

 

 

まとめ

 

ブロックチェーンとは?

 

 

  • これまでの取引記録を全部記録したもの
  • 書き換えがほぼ不可能
  • 2度と元に戻せないハッシュ値という暗号を使っている
  • これからは、不動産取引や金融システム、公共資料、など改ざんをされては絶対にいけないものに取り入れられる。
  • 仮想通貨=ブロックチェーンというわけではない。仮想通貨はブロックチェーンのシステムを使っているにすぎない。
  • ブロックチェーンの情報は世界中で共有監視されている為、不正が出来ない

 


 

 

>>ブロックチェーン、プログラミングを本気でオンラインで学ぶ

 

>>仮想通貨投資を始めるならZaifがおすすめ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*