インターネット上で物(商品、サービス)を売る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 人はセールスされるのが嫌い

 

物、サービスを人に売る時、

 

絶対にセールスしてはいけないって事です。

 

 

 

物、サービスを人に売りたい時、

 

まずは、

 

その商品の良い部分、悪い部分を正直に紹介します。

 

 

 

そして、

 

「こんな時に役立ちますよー!」

 

って感じで人に紹介します。

 

 

最終的に、

 

「この商品はあなたの為にあります!」

 

って事が伝われば良いんです。

 

 

 

そして、

 

「お!これ良いなー!欲しいかも」

 

って思ってもらう事が大切。

 

 

 

あと、買うか買わないかは相手次第。

 

 

売り込みはせずに、

 

自然な感じで商品、サービスへのリンクを貼っておきましょうって事です。

 

 

 

本当に紹介する程度って事です。

 

 

 

 

例えばこんな感じ

 

・これを買いました。

 

・使ってみました。

 

・不満な点

 

・満足している点

 

・買って、使ってみた気持ち

 

・こういう時に凄く便利、こういう人におすすめ商品

 

・ナチュラルに商品リンクを貼る

 

 

こんな感じ。

 

 

商品を人に売りたければ、

 

現実世界と同じようにしなきゃダメなんです。

 

 

 

押し売りは絶対に嫌われます。

 

サールスマンは基本的に嫌われます。

 

 

 

 

気づき

 

まずは、お客さんに気づいてもらって、

 

興味を持ってもらって、

 

欲しいと思ってもらって、

 

買ってもらう。

 

 

 

販売者がやる事は、

 

あくまでも商品、サービスを紹介するってイメージ。

 

 

 

押し売りは禁物。

 

 

「この商品、サービスを買ってこんなによかったー!」

 

という事を伝えて下さい。

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*