やはり車の事故は無くならないな〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

車で通勤中のこと。

 

片側一車線の道路。

 

 

私が走行中、

 

反対車線から1台の車が走ってきた。

 

これをAとする。

 

 

 

 

さらに右側からおっさん運転の車が顔を出した。

 

これをBとする。

 

 

 

道路上は、Aの車が優先。

 

Bの車は一旦停止で、Aの車が通過するのを待つ必要があった。

 

距離的にも。

 

 

ついでに言うと、

 

そこに私の車も来ていた。

 

 

 

が!

 

 

いきなりBの車が道路を突っ切って反対側へ!

 

 

Aの車はけたたましい程のクラクションを鳴らした!

 

 

しかし、そのBの車はそのまま走り去って行った。

 

 

 

まあクラクションを鳴らされて止まったところでどうしようもないのだが・・・。

 

 

 

危ないな〜と思いながら、

 

私は、

 

「Bの車が飛び出して来そう。」

 

と感じていたので減速していた。

 

 

案の定、

 

近距離で飛び出してきたわけで。

 

 

 

まあ私の車よりも、

 

Aの車の方が危なかったのだが。

 

 

かなりギリギリ。

 

 

 

まあ飛び出してきたBの車を運転していたおっちゃんは、

 

ほとんど確認していなかったからな〜。

 

 

世の中には、

 

本当に色々な運転をする人がいるわけで。

 

 

 

自分が気をつけていても、

 

事故る時は事故るんだろうな〜。

 

 

あと、クラクションを鳴らしたAの車の運転手さん・・・。

 

おばちゃんでしたね。

 

 

クラクションを鳴らす暇があったら、

 

車を減速させるとか、

 

停車したほうが良いと思うのですが。

 

 

クラクションを鳴らしても事故は減りませんよって。

 

 

それに相手が悪いと交通トラブルになったり、

 

煽られたりするわけです。

 

 

(あおり運転って、どっちもどっちって車が多いように感じます。)

 

 

 

本当にどっちもどっちだな〜。

 

 

 

で、クラクションをビービー鳴らす人って、

 

 

・おじちゃん

 

・おばちゃん

 

・タクシーの運転手

 

・トラックの運転手

 

・土木業の人

 

・職人系

 

 

って印象。

 

 

おばちゃんって意外とクラクションを鳴らすんですよね〜。

 

 

それ以下の人達は、

 

「まあ、そうでしょうね〜。」

 

って感じです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*